【2023年】アラモアナホテルで世界のパイロット・CAと交流ができる!?

  • URLをコピーしました!

アローハ!!🤙

みなさんは、海外旅行にどのようなことを求めますか??

旅の目的は様々だと思いますが、「非日常を体験したい!」と思っている方は多いのではないでしょうか??

当の私も、入国審査は今でも少し緊張しますし、英語で接客されるだけで「海外に来たなぁ!」と感じます。

ハワイ渡航では毎回色んな発見があり、出会いがあります。

その中で、ぜひとも皆さんにお伝えしたい出来事があります。

それは「アラモアナホテルで世界各国のパイロット・CAの方々と交流する事ができた」というものです。

専門職であるそのような方々と交流する事など滅多にありませんが、このアラモアナホテルのロビーで私が実際に経験した出来事です。

どのようにして私が交流する事ができたのか」。

それは、多くの航空会社がアラモアナホテルを利用しているからです。

index

アラモアナホテルは世界の航空会社が利用するホテルになっている

旅の楽しみ方は人それぞれですが、私は「出会い」が楽しみで仕方ありません。

普段接することのない方々との偶発的な出会いで、旅がより充実したものになります。

非日常で刺激を受ける瞬間ですね。

数年前、このアラモアナホテルで、目にした光景は今でも鮮明に覚えています

その時の出来事をお話しします。

私は、開放感のあるロビーとスターバックスが繋がったこの空間がとても好きです。

ロビーと繋がるスターバックス
アメリカ限定メニューもオーダーできます

1時間ほど朝の時間を過ごしていたのですが、その間、世界各国のエアラインクルー(パイロット・客室乗務員)たちが次々ロビーに現れるのです!

スターバックスは朝の時間は購入までに列ができることもありますが、座席には余裕があります😃

ホスピタリティー精神あふれるエアラインクルー達

仕事を終えてチェックインするクルー達と、これから空港へ向かうクルー達。

各社入れ替わるようにロビーに現れ、これがほぼ一日中続くのです。

専用のチェックインカウンター
クルー達は旅行者と異なるレーンで手続きを行う

思い切って話しかけてみると、みなさんとてもフレンドリー!!

ハワイという土地がそうさせているのか、元々そのような人達なのか。

おそらく後者なのでしょう。

チェクイン後の米系エアラインクルー達はとてもフレンドリー!

一番左のキャプテンからはビデオメッセージも頂きました😃

航空会社はどこも個性的!

特にCAさんのユニフォームが特徴的で、カラーリングを見ればどこの航空会社か見当がつきますよね。

ANAであれば鮮やかなブルーが際立っています。

さらに、「時間厳守は飛行機もクルーも同じ」ということで、滞在先では常に余裕を持って行動されているそうです。

外資系航空会社のクルーは、集合時間前(出勤前)にスタバでドリンクを購入している方も多く、フラペチーノ片手に空港へ向かう姿が印象的でした。

朝は「to go」で混み合うスターバックス! ここのレーンは旅行者もクルーも同じです

一方、日系のクルー達は、出発前にビシッと挨拶、そしてブリーフィングからスタート!

さすがJAPANブランドですね。

出発前にブリーフィングを行う日系エアラインクルー達

広いロビーですので、航空会社ごとに集合する場所を決めているみたいですね😃

また、到着後のクルー達はどことなく楽しそうに見えます。

それもそのはず。

クルー達にとってもハワイ路線での勤務は憧れであり、楽しみの一つだとか。

次のフライトまでの時間はどのように過ごすのでしょうか??

航空会社での勤務を目指している方はぜひ!!

教育に携わる私に対して、とても親切にお話しくださいました。

しかも、ANAのパイロットからは「フライングホヌ」のステッカーを頂きました

非売品で、このステッカーはホヌのパイロットしか持っていないそうです!!

こんなチャンス、日本ではなかなか遭遇しないですよね。

ですから、航空会社での勤務を目指している方は、交流するチャンスです!

思い切って、実際に勤務されている方の体験談を伺ってみてはいかがでしょうか??

きっと「夢」から「目標」に変わるはずです!

モチベーションも上がるでしょう!

ただし、あくまでも常識の範囲でお願いしますね😃

Summary (まとめ)

  1. 航空会社のクルーが利用するホテル!・・世界の様々な航空会社が利用しています🤔
  2. ホスピタリティ精神抜群・・・・・・・・話しかけても快く対応してくださりました🤔
  3. 航空会社はどこも個性的!・・・・・・・ユニフォームも勤務形態も様々!🤔
  4. 航空会社での勤務を目指している方!・・現役クルーの方々にインタビューしてみましょう🤔

最後に

今回は「アラモアナホテルでしか体験できないこと」について、私の体験談とともにお伝えしました。

航空会社はどこも個性的です。

日系のクルー達の立ち姿は格好良く、誇らしげな雰囲気が漂っていました。

一方、外資系のクルー達はとても自由でフランク。

どちらが良い悪いではなく、多様性の時代。

いろんな選択肢、いろんな生き方を認め合うことの大切さを感じながら、いつの時代も「憧れの職業」であり続ける方々の日常を見ることができました。

次回に続きます。

Mahalo~!! 🤙 and A hui hou~ !! 🤙 🤗

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ハワイとスポーツをこよなく愛するブロガーsenと申します。
高校時代のハワイ渡航がきっかけで、大学は国際系の学部に進学。
学生時代は語学とクラブ活動に明け暮れる日々で、卒論は「旅行者心理」と「ハワイ」がメインテーマでした✏️
社会人となってからの数年間は、海外とは無縁の生活でしたが、人事異動をきっかけに社内で「ハワイでの教育プロジェクト」を提案。
それが運よく採用され、開発のためにハワイへ飛ぶようになりました🛫
航空会社や旅行社、ホテル業界、ハワイの教育プロダクションなど、ハワイの様々な方に協力頂きながら、体験探究型教育プログラムのコーディネーターとして活動しています🤗

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

index